こまつJAPANナビ -Komatu Travel Navigation-

加賀伝統工芸村 ゆのくにの森

加賀伝統工芸村 ゆのくにの森
加賀伝統工芸村 ゆのくにの森
加賀伝統工芸村 ゆのくにの森

石川県の伝統文化を集約した 創作体験型13万坪の伝統工芸のテーマパーク

外観

外観

昭和63年にオープンしたゆのくにの森は、石川県が全国に誇る伝統工芸の創作体験ができる複合施設。広大な敷地には、県内外から移築した江戸・明治時代の茅葺屋根の古民家が点在し、それぞれが伝統工芸の数々の体験ブースとなっている。
村内は自然にあふれ、各古民家の周りには水路が行きかっていて、通路もゆったり広め。特定の敷地の中に居るというよりは、どこかの田舎の集落のような感覚で、木々のざわめきや水音に耳を済ませながら、穏やかな雰囲気の中でのんびり見て回れる。

そんな村内で体験できるのは、九谷焼絵付け・ろくろ回し、金箔貼り、山中漆器の蒔絵、加賀友禅の型染め、輪島塗の沈金、お菓子づくり、ガラス工芸品づくり、オリジナルオルゴールの組立、和紙の手漉き、そば打ち体験など、多種多様に50種類以上。あまりの種類の多さに一度には回りきれず、リピーターも続出するのだとか。各体験は10名以上の団体でない限り、予約不要とのこと。フラッと気軽に立ち寄って、多種多様な伝統工芸品づくりがあれこれ体験できてしまうとは、一石二鳥、三鳥と言っても足りないのではないだろうか。そのほかにも、パンフレットやホームページに載っていない大小様々な体験が時節に応じてブースごとに用意されているので、まずはどんな体験ができるか全体を見て回って、それからどの体験をするか考えるのがオススメな過ごし方。

金箔の館や風鈴音色坂、 相田みつをギャラリーも。

加賀友禅の型染体験

加賀友禅の型染体験

各ブースでは体験コーナーと併設して、作家の作品展示や、販売を行っているので、体験せずに見て回るだけでも十分。ここに来れば石川県の工芸品のほとんどが網羅できるといっても過言ではないのだ。特に金箔の館の「黄金の間」は必見! 障子も畳も壁も全て金箔でできていて、その輝きは圧巻。また、ゆのくにの森で一番歴史の深い建物である茶の湯の館「方丈庵」は、なんと築230年以上。風情漂う館内では、九谷焼でコーヒーを、白山焼または織部焼で抹茶を出して、雰囲気だけでなく、器をも楽しめる茶の湯処になっている。さらに、敷地内の中腹には、「風鈴音色坂」という階段が伸びていて、村内からお食事処・漁師の館へと上っていける。その名前の由来となっているのが、階段の頭上に下がるご当地風鈴の数々。全国各地から集められた風鈴は、それぞれの地域の特色が出ていて、形も音色も様々。じっくり見ながら上っていくと、あっという間に階段の最上部に到着する。自分の出身地の風鈴を探してみてはいかが?
村内を十分に散策した後は、相田みつをギャラリー祥にもぜひ足を運んでほしい。常設展示場は東京の相田みつを美術館と、ここゆのくにの森ギャラリー祥だけ。相田氏とご縁があって、自然と調和した展示場を田舎につくろうという話になり、平成14年に展示販売場が開設された。多くの人の心を勇気付けてくれる相田みつをの作品に出逢えれば、きっと心も癒されるはず。人気のカレンダーやポストカードをはじめ、様々な関連グッズも多数揃っているので、癒してあげたい身近な人への贈り物を選んであげてみるのもいいかも。
アクセス

北陸自動車道片山津I.C.から車で約15分
北陸自動車道小松I.C.から車で約20分
北陸自動車道加賀I.C.から車で約20分
JR加賀温泉駅から車で約12分
JR粟津駅から車で約10分
小松空港から車で約20分


■駐車場
300台
※駐車場無料
※大型バス(60台)駐車可

基本情報
住所
〒923-0393 石川県小松市粟津温泉ナ3-3
TEL:0761-65-3456 FAX:0761-65-3344
E-mail:mori@yunokuni.jp
URL:http://www.yunokuni.jp/mori/

■営業時間
09時00分~16時30分
GW、夏期期間 9時~17時
※入村の最終受付は閉村1時間前
※体験の最終受付は15時まで
休日:年中無休(臨時休業有)

■料金
入村料
大人 540円
中学生・高校生 440円
小人(4歳以上) 330円
※体験料別途

相田みつを展入館料 セット料金
大人 1000円
中学生・高校生 800円
小人(4歳以上) 400円

多目的トイレ
あり
バリアフリー
対応

おすすめスポット

モデルコース

BOT
BOT

ログアウトしますか?

ログアウトしました

OK
ページ上部へ