こまつJAPANナビ -Komatu Travel Navigation-

浅蔵五十吉深香陶窯(あさくらいそきちしんこうとうよう)

浅蔵五十吉深香陶窯(あさくらいそきちしんこうとうよう)
浅蔵五十吉深香陶窯(あさくらいそきちしんこうとうよう)
浅蔵五十吉深香陶窯(あさくらいそきちしんこうとうよう)

作り手を身近に感じる窯元カフェで一服。 五十吉作品の見学と、体験も。

日用品など手頃な作品もズラリ

日用品など手頃な作品もズラリ

現代九谷のビッグネーム「浅蔵五十吉」の工房。現在は三代目五十吉氏が、伝統の技術を継承しながら、新しい九谷焼の制作に取り組んでいる。

深香陶窯のある小松市八幡の地は、江戸時代末から続く九谷焼の素地生産地だ。特に明治以降は置物の生産が盛んになり「八幡の置きもん」といわれて優秀な製品が数多く生み出された。
当時の八幡には素地を焼く登窯(のぼりがま)が何基もあったというが、現在残るのは1基だけ。その最後の登窯は深香陶窯のすぐ隣にあり、 小松市登窯展示館 として保存されている。

そんな八幡で大正初期に工房を開いたのが浅蔵磯吉氏。深香陶窯の初代である。磯吉氏は素地造りを専門とする職人で、質の高い素地を絵付け師たちに提供していた。
二代五十吉(与作)氏は、初代から素地について教えられ、色絵を初代徳田八十吉氏のもとで修行。さらに、北出塔次郎氏から作家としての土台を学んで、九谷焼作家として活動した。そして、日本芸術院会員・文化功労者・文化勲章受章者という栄誉を得て、九谷焼界の重鎮として後進の指導にも力を注いだ。現在活躍する作家の中には、二代五十吉氏を師と仰ぐ人が多い。
三代五十吉(與成)氏は現在、日展評議員・日本現代工芸美術作家協会評議員などを努め、日々作陶に専心。ダイナミックで重厚な造形に「五十吉カラー」と呼ばれる深い黄の色釉を用いる伝承の技を守りながら、洗練された造形と独創的な上絵を追求し続けている。
また、三代の長女・一華さんと夫の宏昭さんも作家として九谷焼を制作しており、二人の指導のもと成形と上絵付けの体験も可能だ(要予約)。

二代、三代の大作が並ぶ展示室もある。小さな美術館という感じで、これだけの五十吉作品を無料で見学できるのは貴重。

また、このほど新設されたギャラリー&カフェ「五十吉」では、工房で作られた器でコーヒーやジュース、手作りケーキなどを味わうことができる。1杯ずつ丁寧に入れるオリジナルブレンド「五十吉珈琲」が一番人気。展示されている作品は全て購入することができる。
作り手と語りながらの贅沢なひととき。一華さんや宏昭さん、ときには五十吉さんの話も聞けるかも。
アクセス

北陸自動車道小松I.C.から車で20分
JR小松駅から車で10分


■駐車場
10台
大型バスについては要相談

基本情報
住所
〒923-0833 石川県小松市八幡九谷ヶ丘己50-1
TEL:0761-47-0051 FAX:0761-47-2883
E-mail:kazuka@tvk.ne.jp

■備考
席数
テーブル席数:12席

■営業時間
10時00分~16時00分
【体験可能時間】要相談
※希望日、人数などを原則1週間前までに連絡を
休日 :【体験できない日】要相談
※希望日、人数などを原則1週間前までに連絡を

■体験詳細
※要予約
【体験内容】九谷焼上絵付け体験
【体験プログラム】体験(有料)は可能ですが詳しくはお問い合わせください
【見学可能人数】見学は40名まで。体験人数は要相談
【料金】要相談
【ガイドの有無】案内付き
【外国語対応】要問い合わせ
【写真・ビデオ撮影】係員の指示に従ってください

おすすめスポット

モデルコース

BOT
BOT

ログアウトしますか?

ログアウトしました

OK
ページ上部へ