こまつJAPANナビ -Komatu Travel Navigation-

小松市立宮本三郎ふるさと館

小松市立宮本三郎ふるさと館
小松市立宮本三郎ふるさと館
小松市立宮本三郎ふるさと館

色の魔術師が生まれた地

ここから白山連峰が見られるかも…

ここから白山連峰が見られるかも…

宮本三郎ふるさと館のある小松市松崎町は、宮本三郎画伯が生まれた地だ。宮本三郎を愛する人々にとって、この地は「聖地」となっている。作品はもちろん、彼が生前使用していた画材や家具類を使って再現されたアトリエを見る事ができる。

企画展、特別展では、収蔵品や宮本三郎に関連のある作品を紹介しており、宮本三郎がふるさとに寄せた強い想いが感じられる。特別展に併せて講演会やコンサートが開催されることもある。

外には美しい石庭があり、六方石(ろっぽうせき)という六角柱の形で採れる石を使用して、白山から流れてくる手取川が表現されている。中には芦城公園から運んだ石もあるとか。六方石でできた手取川のむこうには、本物の白山連峰を望むことができる。空気の澄んだ日の眺望は素晴らしい。白山の方に朝日、反対側に夕日を拝むことができるという素敵な場所だ。その間の林があるあたりには、昔、松林があり、柴山潟の水面に映った温泉街の灯りと重なって大変きれいだったそうだ。きっと宮本三郎少年もその美しい景色を見ていたことだろう。

宮本三郎の作品には、赤をポイントとして入れているものが多い。好きな色だったようで、再現されたアトリエ内の画材入れの中には、バーミリオンという朱色の絵の具ばかりが1ダースほど入っていた。子供の頃は神社の絵馬を見る事が好きで、赤が好きというのは、その絵馬の赤から影響を受けたのだとか。北陸のどんよりした空を見ている中で、幼いころから美しさを追求し、綺麗なものを描きたくなっていったのだろうか。色彩の魔術師と呼ばれた彼の原点はこの地にあると言える。

町の人が寝ずの番で守りぬいた!

再現されたアトリエ

再現されたアトリエ

ここ宮本三郎ふるさと館ができるまでには、ちょっとした感動秘話がある。
宮本三郎画伯が亡くなったのは1974年のこと。翌年、作品は松崎町内会へ寄贈され現在のふるさと館の向かいの場所に「宮本三郎画伯記念室」ができた。町内の人々は光栄なことだと喜び、盗まれたり火事で燃えてしまわないように、町内の宝として作品を守ろうと一致団結。宿直表を作り、町内の20軒でまわして毎日交替で寝ずの番をした。それは5年間、1日も休むことなく続いたという。当番の人は、夜中じゅう作品を眺めることができたので、贅沢な時を過ごしたともいえる。ちなみに、その時の宿直表は今でも残っている。町内の誇りを守った証だ。その後、寝ずの番のことを知った遺族が大変喜び、5年後の1980年、小松市政40周年記念の時に作品を市に寄託され小松市立博物館の分館として「宮本三郎記念美術館」が開館した。町内の人は寝ずの番から解放され、安堵半分、寂しさ半分だったのではないだろうか。
そして2000年11月に、小馬出町に大々的に開館した「宮本三郎美術館」の分館としてリニューアルオープン、現在に至る。本館「宮本三郎美術館」へは同じチケットで入館できるので、ぜひ足を運んでほしい。

また、今はもうないが、かつての生家だった場所も目と鼻の先にある。ここは、宮本三郎の育った町を知り、感じることができる唯一の場所だ。この地を訪れたなら、作品を鑑賞するのとはまた違った角度から、宮本三郎を知ることができるだろう。
アクセス

JR北陸本線「小松駅」からタクシーで約20分
北陸自動車道「小松IC」から約15分、
小松空港からタクシーで約10分
小松駅から粟津方面行きバスで「串町」下車徒歩20分


■駐車場
5台

基本情報
住所
〒923-0982 石川県小松市松崎町16-1
TEL:0761-43-3032 FAX:0761-43-3032
URL:http://www.kcm.gr.jp/miyamotosaburo

■備考
多目的トイレ
あり
バリアフリー
対応

■営業時間
09時00分~17時00分
入館は16:30まで
休日:月曜
月曜日が祝日にあたるときはその翌日
祝日の翌日
年末年始
展示替え作業/整理の期間中
※ただし展覧会によっては変更する場合があります。

■入館料
 一般 (個人)400円  (団体)300円
 大学生 (個人)200円 (団体)150円
 高校生以下 無料
※ただし特別展についてはその都度定めます。
※( )内は20名以上の団体

★ミュージアムパスポート
 1週間券(有効期限:最初に利用した日を含む1週間) 500円
 年間券(有効期限:年度末3月31日まで) 1,500円
※対象11施設の平常展を有効期限内であれば何度でもご覧いただけます。

おすすめスポット

モデルコース

BOT
BOT

ログアウトしますか?

ログアウトしました

OK
ページ上部へ