こまつJAPANナビ -Komatu Travel Navigation-

山上福寿堂

山上福寿堂
山上福寿堂
山上福寿堂

老舗が生み出す和洋折衷のお菓子。 地元愛にあふれ、お土産に最適。

明治元年(1868年)創業の100年以上続く老舗和菓子店。昭和の終わりに改築したという建物だが、堂々とたたずんでいる。店内には、昭和35年〜平成元年までお旅まつりで使用していた材木町の曳山の車輪がさりげなく飾られている。限界まで働いた風格が漂い、老舗和菓子店の雰囲気作りに一役買っている。

そんな老舗のイメージとはうらはらに、和洋折衷の菓子に力を入れている。カステラとつぶあんを混ぜ、チョコクリームをサンドした人気商品「ふる里」をはじめ、お旅まつりの曳山を支える大車輪を表現した「曳山サブレ」、歌舞伎「勧進帳」の「弁慶」「富樫」をイメージした「べんちゃん・とがちゃん」などオリジナル銘菓がずらり。本店と道の駅こまつ木場潟でしか買うことのできない、地元野菜を使った限定商品にも注目!人参から作ったジャム、ペースト、シロップ漬、ドライキャロットの4種の味をひとつにした「小松ニンジンミルフィーユ」は、生地のすべてにニンジンを使っているにも関わらず、ニンジン嫌いでも食べられるほどあっさりとしたソフトなケーキ。また、ふわっふわの生地にサンドされた小松産トマトのクラッシュゼリーを混ぜたクリームが絶妙な「トマトdeSE」は、ほわんとトマトの良い香りが口の中に広がるブッセ。地産地消に積極的に取り組んでいる和菓子屋ということで、地元野菜を使った商品が雑誌やTVに取り上げられ、話題になったことも。小腹がすいたときに、ちょっと買って食べれるようにと個装バラ売りになっているのも嬉しい。

斬新な和洋菓子を次々に生み出している五代目店主・山上浩平さんは、好奇心旺盛な菓子職人。はじめは生粋の和菓子職人であったが、戦後、時代と共に洋菓子が好まれるようになってきていると感じ、洋菓子づくりも始めた。そして「和菓子と洋菓子を合わせたらどんなお菓子になるだろう。和+洋のそれぞれの良いところを足して割ると、もっとおいしいお菓子になるのではないか。和菓子と洋菓子の他に、第三のお菓子というものを作れないものか」と思いを巡らせ、ついに和洋折衷のお菓子づくりを開始。そして現在のようなスタイルになったのだとか。「加賀銘菓 ふる里」は「カステラにあんこを入れたらどうなるだろう」という発想から生まれた、山上福寿堂の和洋折衷菓子第一号。それからも試行錯誤を重ね、行き着いた「ふる里」の最終形が「小松ニンジンミルフィーユ」なのだそう。元祖和洋菓子と最終形和洋菓子を食べ比べてみるのも面白いかもしれない。「変わったお菓子を作りたい。どんな味が潜んでいるかを追求したい」と山上さん。流行のレシピに古いものを足すとどうなるか、などお菓子のことを常に考え、現在も腕を磨き続けている。歴史ある和菓子屋が、新しいものに挑戦していく姿勢には感服だ。

山上福寿堂の地元愛あふれる個性豊かな菓子は、小松土産に最適。今後も、持ち前のセンスと想像力で、どのような和洋菓子が生み出されるのか楽しみだ。
アクセス
基本情報
住所
〒923-0916 石川県小松市材木町48-1
TEL:0761-22-0204 FAX:0761-22-0304
URL:https://ja-jp.facebook.com/yamagamihukujudou

■営業時間
08時00分~19時00分
休日:水曜

おすすめスポット

モデルコース

BOT
BOT

ログアウトしますか?

ログアウトしました

OK
ページ上部へ